朱肉の限界にせまりたい

朱肉イメージ

印鑑を持っている人ならば、朱肉を持っている人は多いでしょう。
印鑑は朱肉が無ければ印鑑としての働きをすることが出来ませんから、これらはセットとして考えるのが普通です。

どこか出先で使うような場合は、相手が朱肉を用意してくれていることもありますが、必ずそうとも限りません。

また、家で印鑑を使う機会だってあるでしょうから、朱肉は欠かさずに持っておいたほうがいいでしょうね。

印鑑を印鑑ケースとセットで持っている人は、ケースに朱肉がついているので、それ以外の朱肉を持っていないという人もいるかもしれません。
ですが、ケースの中についている朱肉は小さく簡易的なものが多いですから長く使うには向かないものが多いのです。

何年か使っているとわかりますが、経年変化を起こして綺麗な印が押せなくなったり、朱肉をしみこませている部分がぼろぼろになってしまったりすることがあります。 そうなると、印鑑の先にゴミがついてしまって利用するのが困難になってしまいます。

そのため、朱肉は印鑑とは別売りのものをしっかりと買っておくほうがいいでしょう。
朱肉は印鑑を置いているお店なら必ず売っていますし、100円ショップなどでも手に入れることが出来ます。

できれば、印鑑と同様に長い間朱肉も使いたいところですが、インクは消耗品ですから、使えば使うほど減っていくものです。

また、長い間使っていれば経年変化を起こしてしまうでしょう。それは朱肉にはさけられないことともいえますから、その際は新しいのを買ったほうがいいですね。

〔学校のいすの後ろに印鑑〕

検品マークの印鑑って子供の頃よくみていましたね。じつはあれにはわけがあったりします。

引用:
かつて小学校などの教室で使われるイスは、木製であることがほとんどでした。自分が小さい頃、学校で使っていたイスの形を、今もよく覚えているという人も多いことでしょう。それが最近では、プラスチック製などの、木以外の材質のものが増えてきているようです。そう考えると、木のイスが残っている学校は少ないかもしれません。

リンク先:イスの後ろの印鑑の謎

ページの先頭へ